スポンサーサイト

  • 2015.12.01 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    キムチって発酵食品だけど体に悪いの?

    • 2015.02.26 Thursday
    • 13:05
    キムチは発酵食品なので体にいいと言われていますが、食べ過ぎは逆効果をもたらすこともあります。
    キムチはもともと日本の食べ物ではないので、日本人の好みの味に改良されたものがたくさん販売されています。原材料名のところをみると分かると思いますが、たくさんの添加物が入ったキムチ風のお漬物が店頭に並んでいる状態です。キムチ風の商品には乳酸菌が豊富に含まれているかどうかは微妙なところだと言えますので、発酵食品だからと思って手にする前にどんなもので作られたキムチなのか確認を行ってみるのが一番です。本当に手作りをしているキムチには独特の酸味がありますので、キムチ風のお漬物と食べ比べをしてもらうのが一番手っ取り早い方法だと言えます。独特の酸味は本物にしか作れないものなので、本当の発酵食品を口にしたいと思った時は購入先のお店にこだわるかご自分で手作りをしてみることがよいと言えます。
    キムチには独特の辛さもありますが、辛い物を食べすぎると消化器に炎症を起こしてしまうことがあるので体に良くないと言うことが出来ます。消化器系には口から肛門までが含まれ、口内炎が出来やすい人やのどが弱い人、胃腸が弱い人などはキムチなどの辛い食品を大量摂取することは避けておいた方が賢明です。特に胃腸が弱い方で、通年炎症を起こしている方は注意が必要です。発酵食品などに含まれる乳酸菌は腸内環境をととのえるので摂取することが推奨されていますが、お腹を下しやすいような人はキムチなどの刺激の強い発酵食品は避けておいた方がいいと言えます。それでも腸のために乳酸菌が含まれたものを摂取したいと言う方は、ヨーグルトなど代替の食品を検討する方が安全だと言えます。からい食べ物は少量であれば体を温めてくれたり、プラスに働きかけてくれるものですが時と場合によってはマイナスの作用しかもたらさないこともあるのです。
    キムチなどの発酵食品を適量で摂取したい方は、手作りのお店で購入するかご自分で手作りをするのが一番です。これらには本物の乳酸菌が出来てきます。キムチ風の酸味になれている方は食べづらいかもしれませんが、本物の乳酸菌がきいいた味は独特の風味を持っているものなのです。辛い食べ物は更なる炎症を招くことになるので、体が弱っている時キムチなどのからい食べ物は避けておくべきです。炎症が長引くと組織の破壊も起こしかねませんので、健康な状態になった時に本物の美味しいキムチを召し上がってください。
    JUGEMテーマ:腎臓病

    スポンサーサイト

    • 2015.12.01 Tuesday
    • 13:05
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM